13歳の私

十三詣り

小学校を卒業した春
中学校入学を控えた頃
七五三以来の写真撮影

恥ずかしい気持ちと嬉しい気持ち

大人になるって

無邪気に笑っていた
6年前とは違うかもしれない
はにかむ

家族写真がうれしくて

一緒にいられる時間

家族で一緒にいることは当たり前
そんなふうに考えていたけど
当たり前のことが
かけがえない
一緒にいられる今が
ただうれしくて

格好つける必要もない

13歳の等身大の私

アイドルのような笑顔を振り撒かなくても良いし
モデルのように姿勢良く立つ必要もない
天真爛漫に振る舞う必要もないし
自分らしくなくても良い気さえする
何気ないその
等身大の13歳を切り抜く

それはきっかけ

十三詣りというと
岡山ではあまり馴染みがない
だけど
13歳という年齢の写真は
残しておく価値があるかもしれない
衣装下見会の予約はこちらから!